京つう

  ショップ  |  洛西

新規登録ログインヘルプ


2015年09月20日

虹ができる理由

虹ができる理由

最近の雨の降りかたは、すごいですね。
急に真っ暗になったかと思うと、物凄い雨がふってきますね。
先日も仕事中にそんな場面に遭遇しました。
すぐに雨は止みましたが、その後は綺麗な虹を見ることが出来ました。
何だかとてもいい気分で、得した気分になりました。

虹ができる理由

ところで、どうやって、虹ができるかご存知ですか?

虹ができる理由

美しい虹ですが、メガネのレンズではこの虹ができる原理
実はやっかいな問題に関係しています。

メガネのレンズも光の屈折を利用して、
はっきりものが見えるようにピントをあわしていますが、
光が屈折するということは、虹の原理とおなじく
光が色ごとに分解されるので、
そのぶん厳密にゆうとぶれてみえるわけです。

これを「色収差」とよびます。

この色収差、もちろん度数が強いほど、大きくなりますが
同じ度数だと、薄型の高屈折のレンズのほうが
大きい傾向があります。

薄いばかりがいいレンズとはいえないのです。

ギルドでは、専門店として、お客様に最適なレンズをご提案しています。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。