京つう

  ショップ  |  洛西

新規登録ログインヘルプ


2010年09月15日

ライディング用メガネ?

ライディング用メガネ?

これくらいのペースだといいんですが、

もっと気合が入ったスポーツライディングになってくると、
伏せ気味の前傾姿勢になります。

ライディング用メガネ?

そうなってくると、少しでも小ぶりなメガネだと、
こうなってしまって、伏せ姿勢からの上目づかいでレンズの視野が足りないのでなんとかしてくれ
   とライダーのお客さまからいわれます。
ライディング用メガネ?

少し顔だけ上げればいいんですが、
上半身前傾で頭だけ前向くのは、
首も疲れるし、不恰好だし、
カウリングの小さなバイクだと風圧でヘルメットが
後ろにもっていかれちゃいます。

かといって、多少大きめのメガネにしても
前傾すると上方視界不足はなかなか解消できません。

かといって、コンタクトも嫌!

でもやっと、ライダーのお客さまに御満足いただける上方視界を
確保した、度入りメガネをつくることに成功いたしました。

こちらです。
ライディング用メガネ?

とにかくでかいことが第一条件
じつはこれ、本来はメガネの上からかける
オーバーグラスの偏光サングラスです。


ふつうのメガネを覆うものですから
視界の広さは抜群です。
ライディング用メガネ?
これのレンズをはずして特注大口径の度入りレンズをいれちゃいました。
(かなりでかいレンズがいるので、あまり度の強い方、PD(瞳孔中心距離)
の狭い方はつくりきれないでしょう。

ライディング用メガネ?
もとの偏光レンズがもったいないので、
加工して、中にはめ込んだり、はずしたりできるようにしました。
これで、夜も昼もバッチリです。

ライディング用メガネ?
これで、前傾姿勢時の前方視界も広々。
また周囲にツバがあって、ヘルメットの中で顔に
くっつくことなくギリギリまでちかづけられるのも
視野確保に貢献しているようです。
安全にスポーツライディングができると大好評でした。

ただし、バイクを降りたときのスタイルにすききらいはあるようです。

メガネのギルド 本川

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。