京つう

  ショップ  |  洛西

新規登録ログインヘルプ


2011年04月22日

絵はこころ

お客様から、すてきな絵をたくさんいただきました♪


かぶ、なんだか生きてるみたいです。



お花ひとつひとつに表情があって、みんな楽しくおしゃべりしてるようです。



この絵の山並みや木々もまちがいなく生きてます。



繊細なたっちなのに木々、山々がせまってきます。



右下の建物の中の人たちの楽しそうなおしゃべりが聴こえてきそう♪



すてきな絵を描いてくださったのは、こちらのお客様

実は、ひどいリューマチでほとんど、指どころか、

手首さえ動かすのも、ままならず、

病院で療養中でいらっしゃいます。

そんな状態にもかかわらず、

こんなにも、緻密で、繊細なやさしいタッチで、

ごらんのような素敵な絵をたくさんかいておられます。

(画像ではわかりにくいですが、実物はほんと細かな繊細なタッチで描かれてます!)

不自由な指先、手首のため、腕全体、体全体

そしてなによりも、ひとふで、ひとふで、

こころを込めて、描いておられるのです。

構図がどうの、筆遣いがどうの、

技術や理屈じゃないお客様の気持ちをとおして、

身の回りの何でもない、野菜、草花、病室からの風景が

生き生きと見るものにかたりかけてくる作品です。

ほんと、何かを誰かに伝えたり、

自分の想いを表現するのに

一番大切なのは、

単なる、アイデアや技術じゃなく、

真摯な気持ち、こころなんだなと

感じさせてくれる素敵な絵です。

上辺だけの言葉やテクニックだけでは

本当の想いは伝わらないですよね、

相手に、そして自分自身にまっすぐ向き合ってこそ

伝えられるもの、伝えなければいけないものがあるんじゃないでしょうか!


素敵な絵をありがとうございました。

これからも、たくさんの想いをたくさんの人に伝えてください。  

Posted by guild at 21:06Comments(0)