京つう

  ショップ  |  洛西

新規登録ログインヘルプ


2017年05月20日

目と糖尿病




成人の失明原因NO.1


糖尿病網膜症とは、

糖尿病が原因で目の中の網膜という組織がダメージを受け、視力が低下する病気です。

網膜とは、目の中に入ってきた光を刺激として受け取って、脳への視神経に伝達する組織です。
カメラでいうとフィルムの働きをしています。

糖尿病網膜症は、糖尿病腎症、糖尿病神経症と並んで、糖尿病の三大合併症といわれます。


糖尿病にかかると、血液中の糖分を細胞がうまく吸収できなくなります。血液中の糖分が多い状態が続くと、やがて糖が血管に

障害を与えるようになります。

目の網膜にある血管は細いので特に障害を受けやすく、血管がつまったり、出血したりするようになります。

もともとある血管が障害を受けて機能しなくなってくると、栄養分などを届けられなくなるため、新しい血管(新生血管)が作られます

この血管はとてももろく、出血や成分の漏れをたびたび起こします。この状態が、視界がかすむ、視力の低下などの症状の原因になります

さらに病気が進行すると、網膜剥離や緑内障といった病気を併発し、失明に至ることもあります。



糖尿病網膜症の症状は、病気の進行とともに変化します

初期)自覚症状がみられません。しかし、目の中の血管の状態をみると、小さな出血など、少しずつ異常があらわれています。

中期)視界がかすむなどの症状が感じられます。このとき目の中で、血管がつまるなどの障害が起きています。

末期)視力低下や飛蚊症が起こり、さらには失明に至ることもあります。目の中で大きな出血が起こる、あるいは網膜剥離や、緑内障など
    他の病気を併発している場合があります。



糖尿病網膜症の分類 

糖尿病網膜症は、進行の程度により大きく三段階に分類されます。
 
 (1) 単純糖尿病網膜症
      初期の糖尿病網膜症です。最初に出現する異常は、細い血管の壁が盛り上がってできる血管瘤(毛細血管瘤)や、
      小さな出血(点状・斑状出血)です。蛋白質や脂肪が血管から漏れ出て網膜にシミ(硬性白斑)を形成することもあります。
      これらは血糖値のコントロールが良くなれば改善することもあります。この時期には自覚症状はほとんどありません。
      詳しい網膜の状態を調べるため眼底の血管造影(蛍光眼底造影検査)を行うこともあります。

  (2) 前増殖糖尿病網膜症
      単純網膜症より、一歩進行した状態です。細い網膜血管が広い範囲で閉塞すると、網膜に十分な酸素が行き渡らなくなり、
      足りなくなった酸素を供給するために新しい血管(新生血管)を作り出す準備を始めます。この時期になるとかすみなどの症状を
      自覚することが多いのですが、全く自覚症状がないこともあります。前増殖糖尿病網膜症では、多くの場合、網膜光凝固術を
      行う必要があります。

  (3) 増殖糖尿病網膜症
      進行した糖尿病網膜症で重症な段階です。新生血管が網膜や硝子体に向かって伸びてきます。新生血管の壁が破れると、
      硝子体に出血することがあります(図2)。硝子体は眼球の中の大部分を占める透明な組織です。ここに出血が起こると、
      視野に黒い影やゴミの様なものが見える飛蚊症と呼ばれる症状を自覚したり、出血量が多いと急な視力低下を自覚したりします。
      また、増殖組織といわれる線維性の膜が出現し、これが網膜を引っ張って網膜剥離(牽引性網膜剥離)を起こすことがあります。
      この段階の治療には、手術を必要とすることが多くなりますが、手術がうまくいっても日常生活に必要な視力の回復が得られない
      こともあります。この時期になると血糖の状態にかかわらず、網膜症は進行してゆきます。特に年齢が若いほど進行は早く、
      注意が必要です。



糖尿病網膜症は、完全に治すことのできない病気といわれています。
治療は、症状の悪化を防ぐために行われます。

初期) 糖尿病自体の治療と同様、血糖(血液中の糖分量)をコントロールすることが重要です。

中期) 新生血管の発生を防ぐために、レーザーで眼底を焼く「レーザー光凝固術」が行われます。

末期) 併発した網膜剥離の外科治療などが行われます。


血糖値を下げる食べ物
     玉ねぎ・きのこ・アボカド・ブロッコリー・納豆・豆腐・こんにゃく・青魚




血糖値を下げる飲み物
     コーヒー・緑茶・玄米茶


この記事へのコメント
糖尿病予備軍と言われました。ネット上ではブルーライトが良くないとありましたが本当でしょうか?
Posted by DJ at 2017年05月20日 06:18
納豆は1日どれくらい食べたらいいですか?
Posted by ねばーる at 2017年05月22日 10:37
ブルーライトは大変刺激の強い光で、眼の奥の大事な部分「網膜」まで届きます。眼の奥の血管を傷つけてしまう可能性があります。従来のブルーライトカットレンズよりも大幅にカット率がアップした新製品が入荷しましたので、一度店頭でお確かめください。
Posted by guildguild at 2017年05月22日 22:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。