京つう

  ショップ  |  洛西

新規登録ログインヘルプ


2017年03月15日

目と脳の関係

目の疲れは自律神経の乱れ

目は自分が意図して休められないものです。コントロールしているのは自律神経です。眼球を動かしたりピントを調節したりする時
人は多くの筋肉を使っています。

しかし、手足の筋肉のように自分が意図して動かせる筋肉であれば、楽な姿勢をとるなどして休めることができますが、目の筋肉とりわけ
ピント調節のためにせわしなく働く毛様体筋
は、自らの意思で動かせない筋肉のため、疲れを感じたからといって休ませることができません。

毛様体筋をはじめ、意図して動かすことのできない器官をつかさどっているのが自律神経です。



自律神経の核は脳内にありそこから枝分かれするように体の細部まで伸びています。目のピント調整機能だけでなく、体内に血液を送ったり、呼吸をしたり、体のあらゆる機能をコントロールしています。

自律神経は活発に動いたり、興奮状態にあるときに優位に働く交感神経と、休息したり、リラックス状態にあるときに優位に働く副交感神経の二つで成り立っています。

スポーツをしたり仕事をしたりするときは交感神経が優位に働き、ベッドで眠ろうとしているときは副交感神経が優位に働きます。
遠くを見るときは交感神経が働き、近くを見るときは副交感神経が働くように人間はできています。
パソコンの画面を見るとき目と画面の距離は約50センチぐらいです。
目は交感神経優位に働こうとする体とは逆に、副交感神経が優位に働こうとします。交感神経と副交感神経がせめぎ合い自律神経にコントロールされた毛様体筋はパニックを起こします。こうして目が疲れます。

すぐにできることとして、パソコンから目を離し遠方を眺めることや、体を軽く動かすことで少し改善されます。



眼精疲労に効く顔のツボ

魚腰
眉の中央より少し下にあります。頭痛や目のたるみなどにも効果があります。

清明
左右の目頭から少し鼻よりのくぼみのところにあります。頭痛にも効果があります。

太陽
こめかみから目じりにかけての部分。目の充血やかすみに効果があります。目にとてもよいつぼです。


目をサポートするレンズ

そして今、目の調節力をサポートする新しいレンズが発売されています。パソコンをよく使われる方、疲れやすい方におすすめのレンズです。






ギルドでは、最新のレンズで、みなさまの快適な毎日と将来の健康にお役に立てるように日々努力いたします。

この記事へのコメント
パソコンをする機会が最近多いせいかすごく目が疲れます。
メガネの度が原因ですか?
Posted by ゲル商店 at 2017年03月21日 05:11
ゲル商店様コメントありがとうございます。
パソコン時の目の疲れの原因として、メガネの度数があっていないことも考えられます。眼精疲労に効果のある新しいレンズもございますので、お時間ございます時に、お近くの店舗にご来店ください。
詳しく目の検査をさせていただきます。
Posted by ギルド at 2017年03月21日 05:17
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。