京つう

  ショップ  |  洛西

新規登録ログインヘルプ


2016年06月19日

父の日はいつできた?





今日は父の日です。
当店にも父の日のプレゼントに
サングラスをお買い求めにこられた娘さんもいらっしゃいました。

母の日とくらべるとと少しかげの薄い?父の日ですが
いつごろできたのでしょうか?

1910年にアメリカでできたそうです。
母の日が出来たことを知った
ソノラ・スマート・ドットさんという方が
母の日のように、父親にも感謝する日を!と
牧師協会へ嘆願したことがきっかけで始まりました。

ソノラさんの父は6人の子供達を男手ひとつでそだてあげたそうです。

さきほどのサングラスのプレゼントですが、
ラッピングを承ったのですが、ふと思いました。

母の日ですと、赤いカーネーションをそえたりしますが
父の日の花は何かあったかな?と

今まで父の日に(小生、父暦18年)なんなりとは受け取った覚えは
ありますが、花とかは覚えもないし、贈ったこともありません。

調べて見ると、父の日の花は黄色いか白いバラだそうです。
母の日のカーネーションほど決まったものではなく
他の花でもいいようですが、
父の日のイメージカラーは黄色だそうです。

ということで、黄色いラッピングをさせていただきました。

お父さんの喜ぶ顔が目にうかびます♪

と同時に私は何がもらえるかな?と期待と不安が心を過ぎって参りました。

もらう方からすれば、何も大層なものはいりません。
それより、日頃からの何気ない
ちょっとしたやさしさがなによりもうれしいものです。


接客でも喜んでいただけるのは何気ない
ちょっとした気遣いであることの方が多いように思います

特にご高齢の方がお越しいただいたとき、入口のドアを開けてあげたり
ソファーにおすわりになられる時に手を支えてあげたり床に置こうとした荷物を
ワゴンにおいてあげたり、鏡の向きを変えてあげたり、室温の確認をしたり
ちょっとしたことが大切だと思いますす。

人は、何気ないちょっとした親切に感動されます。
もっともっとお客様に喜んで頂くためにいろいろ勉強していきたいと思います。

その一環として、当社では、准介助サービスの資格を取得しいろいろなお客様に
喜んでいただけますよう努力しております。








上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。