京つう

  ショップ  |  洛西

新規登録ログインヘルプ


2016年02月01日

遠近両用ならギルド







40代になると誰でも、遠方の視力は良いままだったとしても、
調節力の低下から、近くにピントが合わせづらくなります。

近視の場合遠くがよく見えるメガネだと近くははずした方がよく見えます。

距離によって、最適な度数が異なり、いくつかのメガネを使い分けるか
かけはずしする必要があり、めんどうがって、無理していると、
さまざまな疲れの原因になったり、仕事の効率が落ちたり、と
いろんな問題点が出てきます。

そんな問題を解消してくれるのが遠近両用レンズです。
ただし、この遠近両用レンズをピッタリ合わせるのは非常に難しいものです。
遠近両用レンズはいろいろな度数を1枚のレンズにいれるために、
周辺には必ずゆがみ、ひずみ、ぼやけが生じます。
中央部は上から下に遠く用の度数から近く用の度数に変化していきますが
その変化の仕方もレンズの設計によってことなります。

おひとりおひとり、もともとの目の状態も違えば、ライフスタイルも違います。
運転が多く、50メートル以上遠くが重要な方もいれば、
事務が多くて、パソコン画面までの50~60センチくらいが重要な方もいます。

遠近の場合、おひとりおひとり異なる使用状況をしっかり理解した上で
それに最適な処方が出来る専門店にご相談ください。

眼科さんの処方箋であっても、遠用の度数と30センチくらいの近用の度数が
指示してあるだけです。これらの度数をその人の生活にあわせて、
どのくらいの割合で、どのくらいの位置に配置してつくるかによって、
出来上がったメガネの見え方は同じ処方であっても、全く違います。

標準設計(古い設計)の遠近両用レンズは周辺のゆがみが多いだけでなく
遠用と近用の範囲、位置も決まっていて、変えられません。
服でいえばフリーサイズの簡単なもの、やや進化した設計のレンズですと
体型やサイズにあわせた既製品でも選択肢のある服のように、
いくつかのパターンから自分にあったものを選べます。
最新設計のレンズなら、ひとりひとりにあわせたオーダーメイドの服のように
あなたのライフスタイルにあわせた世界にひとつだけのレンズが出来上がります。
もちろんそれなりに高価ですし、均一価格主体の量販店では手にはいりません。

でも最新設計のフルオーダーレンズの快適さを体験された方はもう以前の
標準設計にはもどれないようです。

もちろん標準設計でも問題ない方もいらっしゃいますし、不必要なものを
おすすめはいたしません。

専門店のギルドならリーズナブルな標準設計からフルオーダーの
最新設計の遠近両用レンズまで、
本当にあなたに必要な最適なレンズを経験豊富なスタッフがあなたの立場に
なってご提案いたします。

安心して、お気軽にご相談ください。




注意事項をよくご覧いただいたうえで、このページもしくは、上の画像をプリントアウトしてお持ち下さい。
メガネのギルド各店でメガネ一式お買い上げの際、特別ご優待いたします。

注意事項
*チラシ掲載の特別価格品にはご利用いただけないものも一部ございます。
*ご清算前にご提示ください。ご精算後の返金は出来ません。
*他の優待券、割引企画等との併用はできません。



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。