京つう

  ショップ  |  洛西

新規登録ログインヘルプ


2015年10月18日

サービス介助士としてのこころがまえ その3

わたしたちは,メガネ、補聴器を通して高齢者の方々
に楽しい日々を送っていただきたいと願っています。
その取り組みの一つとして各店店長全員「サービス介助士準2級」を取得し
「もてなしの心と介助技術」を現場で実践しています。
ご来店いただきにくい方には、出張配達のサービスもおこなっています。
(基本京都市内に限ります)

各スタッフのサービス介助士としての心構えを
順次みなさまにお伝えし、もてなしの心をもった接客を誓ってまいります。



今回はM・Mのこころがまえです。

サービス介助士に大切なのは、他者への気配り、心配り、すなわち
「おもてなしの心」を常に持つということです。

サービス介助士のこころがまえとして、

一つめに、困っている人がいたら、積極的に声をかけ、
コミュニケーションをとって、相手の方の気持ちを
よく理解して、お手伝いをするということ。

二つめに、「やってあげる」「してあげる」ではなく、
「させていただく」という気持ちでお手伝いするつということ。

三つめには、何もかも手を貸すだけでなく、待つ、見守る姿勢も
忘れずに、相手の気持ちを考えてしてほしいことを
お手伝いする。

この三つの基本を大切にしたいと思います。

お互いに「手伝ってよかった」「手伝ってもらってよかった」と
共に喜びを感じあえるよう、常に「おもてなしの心」を
もって、行動していきたいと思います。

大切なお客様との「一期一会」の出会いのために・・・

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。