京つう

  ショップ  |  洛西

新規登録ログインヘルプ


2015年10月14日

将軍塚 青龍殿の絶景とガラスの茶室

将軍塚をご存知でしょうか?
三条通りの先、蹴上から、五条通に抜ける東山ドライブウェイ(無料)の頂上に市営の駐車場と京都市内を見渡せる展望台があります。ここが将軍塚だと思っていらっしゃる方が多いようですが(私もそうでした)本当の将軍塚は駐車場から北へ100mほど行った青蓮院の飛地境内に直径約20メートル、高さ約2メートルの塚があり、これが本当の将軍塚なのです。(由来は→こちら

この将軍塚の側に、昨年四月に「青龍殿」とその大舞台という絶景スポットができていたのです。
(→参考


清水の舞台の4.6倍という広々とした木製の板敷きのここからの眺めはまさしく絶景です。



私の知る限りでは、ここが京都を見渡すには最高のオススメスポットです。他にも市内を見渡せるところはありますが、遠く一方向だったり、高い建物の上だと、近すぎて開放感がありません。ここは360度とは言いませんが大パノラマで市内が一望できます。手前の平安神宮の鳥居や銀閣寺、そして、鴨川の流れ、がしっかり見られます。是非一度ごらんになられてはいかがでしょうか?

そして、今この舞台に不思議な空間が出現しております。

ガラスの茶室 「光庵」です。





茶室といえば、最小限かつ最大限のおもてなしの空間ですが、
広々とした景色の中にあらわれたガラスの茶室はまるで異次元への入り口か?
はたまた、タイムマシンか?と思ってしまうような不思議で、素敵な空間?物体?です
期間限定なようですので、異次元への入り口が閉じてしまわないうちにどうぞ!
(残念ながら、中には入れませんが・・・
  入るとどこか違う時空に飛んでいってしまうのでしょうか?・・・・)


木を見て森を見ず と言います。

時には自分たちが日々時間に追われ暮らしている

街並みを離れた場所から見下ろしてみる時間も

必要かなと思いました。


今回不覚にもゆるめ遠近両用メガネのままで、来てしまいました。
眼下に広がる景色がぼやけ気味でした。
次回はフルパワーの遠く専用メガネでもっとしっかり景色を堪能したいと思います。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。