京つう

  ショップ  |  洛西

新規登録ログインヘルプ


2010年08月20日

ものもらい(麦粒腫、さん粒腫)

「ものもらい」「めいぼ」「めばちこ」「おひめさん」
みなさんは何とよばれますか?

関西では「めいぼ」ですよね


■麦粒腫


まぶたの皮脂腺に起こる急性化膿炎症です。
まぶたの一部が赤く腫れて痛くなる病気です。
原因は「ブドウ球菌」に感染することでなります。
感染力は弱いので人にはうつることはないそうです。
抗生物質の点眼薬や内服薬などで治療し、
治らない時は小さく切開して膿を出します。
何度も繰り返すような場合は
糖尿病の可能性もあるそうなので検査をお勧めします。


■さん粒腫



まぶたにしこりができる病気です。
まぶたの中に小さな腫瘤ができて、触るとまぶたの中でグリグリと動きます。
しこりが大きくなると不快感がありますが痛みはあまり感じないようです。
大きくなると目の上で盛り上がって邪魔になり、目立ってしまいます。
気になるほどしこりが大きくなったら、切開して取り除かないといけません。
放っておくと細菌感染して痛みや膿も現れます。
高齢の方はまれにまぶたの悪性腫瘍の場合もあるので、検査するほうが良いですよ。

ものもらいのちょっとした予防法

①蒸しタオルなどでまぶたを温めて下さい。

②まぶた周辺を洗顔などで清潔にして下さい。

③アイメイクなどお化粧はしっかりと落としてください。

④免疫力が低下したときに起こりやすいので体調管理をしっかり行ってください。


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。