京つう

  ショップ  |  洛西

新規登録ログインヘルプ


2018年03月02日

「神様の轍」

2018年2月24日から公開されています。

京都府綴喜郡井手町がロケ地の映画「神様の轍」がイオンシネマで上映されています。


最近、私自身映画を見ることがめっきり少なくなりました。
10代の頃はいろいろな映画や音楽に興味を持ち、20代を過ぎると音楽から遠ざかり、30代で映画も見なくなり、40代で疲れ切って何もしないと言われないようにしなければなりませんね。

ロードバイクに青春をささげた若者の姿を題材にした映画になっています。特に中高生の方にもぜひ観ていただきたい作品になっています。
私はロードバイクで井手町方面に行くこともありますので、劇中、ここ知ってる!知ってる!という場面も数多くあり、とても親近感を感じる作品になっていました。

井手町の「大正池」や「万灯呂山」を走られたことがない方は、ぜひ行ってみてください。いい所ですよ。

映画館で見る映画は音にすごく臨場感があります。スピーカーの性能だと思いますが、補聴器も片耳でするよりも両耳でするほうが音に立体感が出て、どの方向から、誰が、どのくらいの距離から話しているのかがよくわかります。補聴器をつけられるときは、両耳装用をお勧めいたします。

久世店 田中



  

Posted by guild at 20:27Comments(0)補聴器