京つう

  ショップ  |  洛西

新規登録ログインヘルプ


2017年08月20日

目の病気  加齢黄斑変性




加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性は、網膜にある黄斑部に障害が起こり、むくみや出血が起こったり、
網膜が剥がれたりする病気です。

黄斑部は、形などを見分ける視細胞が集中しており、いわば視力を司る部分です。
ここに異変が起こると視野の中心部が欠けてしまい、「見たいところに限って見えない」
という症状が起きてしまうのです。





加齢黄斑変性の見え方

加齢黄斑変性の初期段階では、視界がゆがみます。
さらに進行すると、視野の中心部がかける症状が現れ、そのうち見えない部分が広がって
視力が低下していきます。

左右の目で物の大きさが違って見える症状が出ることもあります。





加齢黄斑変性の種類と原因

加齢黄斑変性には「萎縮型」、「滲出型(しんしゅつがた)」の2種類があり、それぞれ原因が違います。

「萎縮型」は、黄斑の組織が加齢とともに萎縮する現象です。症状はゆっくりと進行し、
急激に視力が低下することはありません。

「滲出型」では、網膜のすぐ下に新しい血管(新生血管)ができて、この血管が黄斑にダメージを与えます。
新生血管は正常の網膜にはない血管で非常にもろく、成分が漏れ出て溜まる、あるいは出血を起こしやすい
という特徴があります。この血管から出た液体が黄斑の組織にダメージを与えて、視覚障害を引き起こすのです。



「萎縮型」の治療

治療は必要ありません。ただし、「滲出型」に移行して急激に視力が低下することがあるので、
定期的な検診が必要です。


「滲出型」の治療

抗VEGF療法という新生血管を沈静化させる薬を硝子体内に注射する方法が一般的です。
その他にも、光に反応する薬剤を体内に注射し、それが新生血管に到達したときに弱いレーザーを照射して
新生血管を破壊する「光線力学的療法」、新生血管をレーザーで焼く「光凝固法」などの新生血管を破壊することで
黄斑へのダメージを食い止める外科的治療もあります。





新生血管の大きさや場所によっては、早期に発見できれば治療後の見えない部分を最小限に抑えることができ、視界にほとんど影響がなくてすみます。日頃から、片目ずつモノがゆがんで見えないかチェックして、早期の発見に努めましょう。




黄斑変性予防レンズ新登場!

                                                                            



                                                                       洛南店:宮脇



  

Posted by guild at 23:42Comments(3)