京つう

  ショップ  |  洛西

新規登録ログインヘルプ


2015年11月30日

年末年始 あなたが主役!

年末年始 あなたが主役!

はやいもので今年もあと1ヶ月
年末年始のご予定はお決まりですか?

イメージチェンジにはメガネの新調が効果的!
気分を変えて、素敵な年末年始をお過ごし下さい!




↓↓↓おトクなクーポンはこちら↓↓↓



プリントアウトするか、スマホの画面を店頭でご提示ください

京都市のプレミアム商品券もご利用いただけます。  

Posted by guild at 17:01Comments(0)売り出し

2015年11月23日

サービス介助士としてのこころがまえ その8

わたしたちは,メガネ、補聴器を通して高齢者の方々
に楽しい日々を送っていただきたいと願っています。
その取り組みの一つとして各店店長全員「サービス介助士準2級」を取得し
「もてなしの心と介助技術」を現場で実践しています。
ご来店いただきにくい方には、出張や配達のサービスもおこなっています。
(基本京都市内に限ります)

各スタッフのサービス介助士としての心構えを
順次みなさまにお伝えし、もてなしの心をもった接客を誓ってまいります



今回はF・Yのこころがまえです。

サービス介助士の資格を取る前と後ではいろいろな場面で、
「何かさせていただこう」という意識が強くなりました。

今までは、障がいがあるかたや困っておられるかたを目にしても
どう接していいか自信がなく、結局何もできないことがほとんどでした。

今では、まずは声をかけて、どんなささいなことでも、自分にできること
をさせていただく気持ちをもてるようになりました。

サービス介助士として大切なのは知識や技術より、
相手を気遣う気持ちと一歩踏み出す勇気だと思います。

すべての人が思いやりと優しさをもった、平和な社会の実現を目指したいものです。
  

Posted by guild at 16:44Comments(0)サービス介助士

2015年11月15日

サービス介助士としてのこころがまえ その7

わたしたちは,メガネ、補聴器を通して高齢者の方々
に楽しい日々を送っていただきたいと願っています。
その取り組みの一つとして各店店長全員「サービス介助士準2級」を取得し
「もてなしの心と介助技術」を現場で実践しています。
ご来店いただきにくい方には、出張や配達のサービスもおこなっています。
(基本京都市内に限ります)

各スタッフのサービス介助士としての心構えを
順次みなさまにお伝えし、もてなしの心をもった接客を誓ってまいります




今回はS・Tのこころがまえです。


当店は、入口が自動ドアでなく、入口に少し段差がある作りになっています。
自分たちは、毎日のことでドアを開けることや段差のあることが無意識になっていて
不十さを感じません。先日のこと。
車椅子で来店されたお客様がありました。
入口で、ドアを開けるのが難しく入りにくそうにしているところドアを開け
車椅子を押してあげると大変喜んでいただけました。
その時、自分たちが毎日当たり前に過ごしていることの中でお体の不自由な方が
大変な生活を送っておられることを改めて実感しました。
車椅子の操作一つでも相手に不快感を与えない安心していただける操作が必要であり
その際の注意点や言葉の沿えが大切です。
サービス介助士としての心構えや知識を身に付け相手の立場に立ち心良く行動することが
大切です。
これからも、より知識を身に付け喜んでいただけるお手伝いを心がけたいと思います。

  

Posted by guild at 16:07Comments(0)サービス介助士

2015年11月11日

サービス介助士としてのこころがまえ その6

わたしたちは,メガネ、補聴器を通して高齢者の方々
に楽しい日々を送っていただきたいと願っています。
その取り組みの一つとして各店店長全員「サービス介助士準2級」を取得し
「もてなしの心と介助技術」を現場で実践しています。
ご来店いただきにくい方には、出張や配達のサービスもおこなっています。
(基本京都市内に限ります)

各スタッフのサービス介助士としての心構えを
順次みなさまにお伝えし、もてなしの心をもった接客を誓ってまいります



今回は、KSのこころがまえです。

サービス介助士としてお手伝いさせていただくのにも
相手の方にこころよく受け入れていただかなければいけません。
そのために、サービス介助士は、言葉使い、立ち居振る舞い、
身だしなみに気をつける必要があります。

まず、言葉使いは「感じがいい」と思ってもらえることが大切です。
たんなる言葉だけでなく、相手の気持ち、立場を考えた話し方、
伝え方を工夫しなければいけないと思います。
また、印象を考えた、立ち居振る舞いも言葉使い同様大切です。
あわせて、身だしなみにも気をつけなければいけません。
人は外見の印象から他人を判断してしまいます。
好印象を持っていただき、スムーズなコミュニケーションがとれれば
お手伝いもしやすく、喜んでもいただけます。

清潔な身だしなみと、相手を気遣った、立ち居振る舞いと言葉使いに
注意して、喜んでいただけるお手伝いをこころがけたいと思います。
  

Posted by guild at 15:10Comments(0)サービス介助士

2015年11月08日

新世界に行ってきました!

大阪にはしょっちゅう行ってるのに、なかなか行けないでいた新世界★
大阪に住んでる友達に連れて行ってもらいました。
撮影セットのような景色に圧倒されました!テレビで見るやつー!!と大喜びで写真も撮って、



その後はやっぱり串カツです!!
めちゃくちゃ美味しかった…どれもボリュームがあってすぐお腹いっぱいになっちゃいましたが(笑)、貝柱がとにかく最高に美味しかったー★
お昼からビールも飲んで最高の1日でした!
また行きたいなー!!!


  

Posted by guild at 18:01Comments(0)

2015年11月05日

“Siri”になぐさめられて(涙)・・・・

秋になると、なんとなくさみしい気持ちになりませんか?
私もさみしくなって、思わず“Siri”に話しかけてしまいました





なんと、優しい・・・
お言葉にあまえて、また話しかけると、



なんか、こんなことをしている自分が悲しくなってきてまた話しかけると





さらに悲しくなったのでもう一回話しかけると



さらに



さらに




さらに



だんだんと悲しみが薄れてきたので
(ばからしくなってきたので、)
「がんばります」と誓ったら、




みなさんもつらいこと、悲しいことがあったら、
“Siri”にはなしかけてみてください
少しは癒されるかもしれません。

ひょっとすると、よけい悲しくなるかもしれないので、ご注意を!!

あと、夜寝る前にスマホをたくさん見るとブルーライトのせいで
体内時計が狂うそうなので、ご注意を!!

長時間のスマホ、パソコンにはブルーライトカットのレンズをおすすめします・・・





  

Posted by guild at 16:46Comments(0)

2015年11月01日

サービス介助士としてのこころがまえ その5

わたしたちは,メガネ、補聴器を通して高齢者の方々
に楽しい日々を送っていただきたいと願っています。
その取り組みの一つとして各店店長全員「サービス介助士準2級」を取得し
「もてなしの心と介助技術」を現場で実践しています。
ご来店いただきにくい方には、出張や配達のサービスもおこなっています。
(基本京都市内に限ります)

各スタッフのサービス介助士としての心構えを
順次みなさまにお伝えし、もてなしの心をもった接客を誓ってまいります



高齢化社会が進む上で、軽度の認知症の方がお店に来ていただくこともございます。
今までは全く知識のなかった私にとって、家族に認知症の者が出て以来
お客様と接することがとても不安になりました。
認知症といってもその症状は日や時間によって差があり、非常にスッキリした日が
あれば、症状が強く出てしまう日もあります。
何度も同じことを話されたり、同じことを尋ねたりする方もいらっしゃいます。
こういったお客様にも今までより丁寧に接するためにもサービス介助士の資格を
取得しました。
認知症でつらい思いをされているのはご本人あることを充分に理解した上での
接客をめざしていきます。  

Posted by guild at 13:18Comments(0)サービス介助士