京つう

  ショップ  |  洛西

新規登録ログインヘルプ


2017年09月15日

1年に1度は眼の健康チェック


全身の病気が原因で起こる目の症状
●糖尿病 物が二重に見える複視から糖尿病が見つかることがあります。合併症としては糖尿病網膜症がございます。突然視力低下が現れます。糖尿病による白内障では「まぶしさ」を感じやすく、緑内障は「目の痛み、カスミ」で発症します。

●アトピー性皮膚炎
 患者さんの大半に合併するアレルギー性結膜炎では「目のかゆみ、充血、目やに、涙」などが起こります。普通より若い年代から白内障が起こり、「眼のカスミ、視力低下」などが現れます。

●高血圧、動脈硬化、腎臓病  これらの病気があると、網膜の血管も障害されやすく、出血やむくみなどを起こして、「視野欠損や視力低下、飛蚊症」などの症状が現れることがあります。

●膠原病、自己免疫疾患
 シェーグレン症候群の「ドライアイ」のほか、ベーチェット病、サルコイドーシス、原田病があると、ぶどう膜炎を起こして、「眩しい、眼が痛む、充血、視力低下」などが現れます。

●バセドウ病
 目の症状としては「複視」が現れやすく、「眼球が突出する」こともあります。

●脳の病気  脳腫瘍や脳血管障害などによって「複視、視野欠損、まぶたが下がったままになる」などの症状が現れます。

 眼の健康相談会   10月10日の眼の愛護デーまで開催中


  

Posted by guild at 21:35Comments(0)眼の病気

2017年03月01日

春の売り出し:最新サポートレンズ

さあ、3月、春です。

まだまだ寒い日が多いですが気分を変えてはりきっていきましょう。

疲れ目なんかに負けていられません。
ギルドが最新サポートレンズで応援します。

最旬フレームもレンズ付スペシャルプライスでお待ちしてます!!

もちろんレンズは一流メーカーHOYA製を使用!!紫外線カットもばっちりです。
春の日差しの中充実した毎日をお過ごし下さい!!





お得なクーポンもご用意しました。
このページをプリントアウトするか、
スマホの画面で店員にご提示下さい。

  

Posted by guild at 06:23Comments(4)眼の病気

2013年05月27日

紫外線のお話 その6

紫外線は怖いもの?
紫外線(しがいせん)は波長が10 - 400 nm、即ち可視光線より短く軟X線より長い不可視光線の電磁波である。光のスペクトルで紫よりも外側になるのでこの名がある。英語のultravioletも「紫を超えた」という語から来ている。また英語の ultraviolet からUVと略される。
紫外線の有用な作用として殺菌消毒、ビタミンDの合成、生体に対しての血行や新陳代謝の促進、あるいは皮膚抵抗力の昂進(こうしん)などがある。
うまく付き合えば、いいこともあるかもね!


  
タグ :紫外線波長

Posted by guild at 21:15Comments(1)眼の病気

2013年05月21日

紫外線のお話 その2の続き

昨日は赤い日焼けでしたがもう一種類は・・・
赤い日焼けが消失した数日後に現れる「黒い日焼け」なんです。



数週間から数ヶ月続くんです、シミやソバカスにもなりやすいので
これからはしっかりサングラスで紫外線を予防してくださいね。

ちなみに「赤い日焼け」はサンバーン  「黒い日焼け」はサンタンというらしいです。

しっかり予防して健康を保ちましょう!  

Posted by guild at 21:54Comments(3)眼の病気

2013年05月20日

紫外線のお話 その2

日焼けには二種類があることをご存知でしょうか?

 紫外線を浴びた直後に現れる「赤い日焼け」です。



よく海などで真っ赤になっている肩を見かけますよね!
あまりにひどいと火傷になりますよ。

目にも過剰な紫外線は禁物ですよ!

もう一種類はまた明日のお楽しみに・・・  
タグ :紫外線

Posted by guild at 21:34Comments(2)眼の病気

2010年12月01日

3D映像を楽しむために・・・

   ライフスタイル別メガネ研究
        仕事や趣味ごとのメガネ提案


いよいよ今年も残りわずかとなりましたね。
年々1年があっという間に通り過ぎていきます。
お正月の予定はもう組まれましたか。
来年7月にはアナログ放送が終了し、
地デジ放送へと変わりますが、あなたは地デジ対策は済みましたか。
今年は家電業界も大忙しですね。

地デジといえば、テレビも大きく変化をとげ
今年話題になった3D映画がテレビでも見れるようになりました。
すごい迫力映像なのでしょうね。

3Dテレビと言えば、特殊なメガネをかけてみることになりますが、
現在メガネをかけておられる方にとっては、2重にメガネをかけないと
いけないので面倒です。

でも、きちんとあったメガネをかけていないと3D映像は楽しめません。

人の眼は、ものを見る時に左眼と右眼とで少しずつ角度がずれた状態で見ています。
この角度の差を「視差」と呼び、左右の眼から入った映像が頭の中(脳)で
ひとつの像に処理される際に、空間の奥行きや立体感を感じるのです。
3Dのメカニズムは、右眼用、左眼用に別々の角度で撮影した映像を、
それぞれ右眼、左眼に見せることで、あたかも奥行きや立体感が
あるかのように認知させているのです。

左右の目がバランスよく見えてないと、立体的には見えないのです。

もし、3D映像が立体的に見えなかったら、
一度、両眼視機能を検査することをおススメします。

両眼視機能とは、左右の目の網膜でとらえた映像を、脳が融合し、
ひとつの見やすい映像に修正するはたらきです。

両眼視機能のおかげで、立体感、遠近感をもって、ものを見ることができます。
左右の目でとらえた映像は、同じものではありません。

そこで、左右の網膜でとらえた微妙な映像の差から、脳が自動計算。
距離感を感じさせてくれるのです。

斜視の場合、両目で別々のところを見ているため、
両目の網膜でとらえた二つの映像の差が大きくなります。
これは、脳の両眼視機能の許容範囲をこえています。
そのため、ものが二重にみえる「複視」に。

この状態では、二つの映像を融合できていません。
斜視になると、立体感や遠近感をもった見かたが、できなくなるのです。

斜視を放置していると、やがて、使いやすい片ほうの目しか機能しなくなっていきます。
そうなると、使わないほうの目は退化することに。

そのほか両眼視機能は、片ほうの目に見づらさがあったとしても、
自動的に不具合を修正して、見やすくしてくれます。

これは一見、ありがたいものです。
しかし片ほうの目に、たとえば視野の欠けがあっても、気づきにくくなります。
失明につながるような、重大な目の病気があったとしても、見のがすことになってしまうわけです。

以上のことから両眼視機能は、便利である反面、危険な側面もあるという「諸刃の剣」といえるのです。

時々、片目でものを見て、左右差がないかチェックしてみてください。
気になるような左右差があったら、お近くのギルドへご相談ください。

  

Posted by guild at 18:01Comments(0)眼の病気

2010年09月22日

「網膜色素変性症」

「網膜色素変性症」
中途失明の3大原因の一つ。数千人に1人の頻度で起こります。盲学校ではこの病気の生徒さんが一番多いそうです。基本的には遺伝的なものであって、初期には夜盲症いわゆる「鳥目」を自覚することが多く、色がわかりにくい色覚異常、徐々に視野が狭くなり、光がまぶしく視力が低下していきます。黄斑部に病気が及ばないため、末期まで視力が維持できる方も多くいます。強い光を受けると網膜の細胞が傷つけられるため、サングラスやイエローレンズのメガネを使用する必要があります。
個人により症状および進行速度などが異なります。発症する時期も個人により異なり、幼少期から発症する人や大人になってから発症する人もいます。原因は不明で、複数の遺伝子の異常により網膜の視細胞が損傷されていくと考えられています。

主な症状
① 暗いところや夜に物が見えにくい
② 車のライトや日の光がまぶしい
③ 視界がいつもチラチラする
④ 歩いていて物にぶつかりやすい
⑤ 球技でボールをすぐに見失う

治療と生活の工夫
根本的な治療法はまだ見つかっていませんが、日常的には強い光を避けることが進行を遅らせます。外出時には「遮光眼鏡」を着用することが重要です。ギルド各店において取り扱っておりますのでぜひご相談下さい。


  

Posted by guild at 16:04Comments(0)眼の病気

2010年08月20日

ものもらい(麦粒腫、さん粒腫)

「ものもらい」「めいぼ」「めばちこ」「おひめさん」
みなさんは何とよばれますか?

関西では「めいぼ」ですよね


■麦粒腫


まぶたの皮脂腺に起こる急性化膿炎症です。
まぶたの一部が赤く腫れて痛くなる病気です。
原因は「ブドウ球菌」に感染することでなります。
感染力は弱いので人にはうつることはないそうです。
抗生物質の点眼薬や内服薬などで治療し、
治らない時は小さく切開して膿を出します。
何度も繰り返すような場合は
糖尿病の可能性もあるそうなので検査をお勧めします。


■さん粒腫



まぶたにしこりができる病気です。
まぶたの中に小さな腫瘤ができて、触るとまぶたの中でグリグリと動きます。
しこりが大きくなると不快感がありますが痛みはあまり感じないようです。
大きくなると目の上で盛り上がって邪魔になり、目立ってしまいます。
気になるほどしこりが大きくなったら、切開して取り除かないといけません。
放っておくと細菌感染して痛みや膿も現れます。
高齢の方はまれにまぶたの悪性腫瘍の場合もあるので、検査するほうが良いですよ。

ものもらいのちょっとした予防法

①蒸しタオルなどでまぶたを温めて下さい。

②まぶた周辺を洗顔などで清潔にして下さい。

③アイメイクなどお化粧はしっかりと落としてください。

④免疫力が低下したときに起こりやすいので体調管理をしっかり行ってください。
  

Posted by guild at 19:10Comments(0)眼の病気

2010年08月09日

紫外線よりも怖い「青色光」



◆急増中!「加齢黄斑変性症」

欧米では社会的失明の第1位ですが、日本でも食生活の欧米化に伴い増加しています。カ
メラで言うとフィルムに該当する黄斑部に出血などを起こして著しく視力が低下します。





①萎縮型(ドライタイプ)
網膜色素上皮とブルッフ膜の間に老廃物が溜まり、黄斑部の機能が低下します。進行は緩
やかで萎縮が中心部に及ばない限り、重度の視力障害になることはありません。
②滲出型(ウエットタイプ)
黄斑に溜まった老廃物などが影響して、黄斑の脈絡膜から新生血管というもろい血管が伸
びて、血管から血液成分が漏れ出したり、出血したりして黄斑に大きなダメージを
与えます。進行が早く状態によっては深刻な視力障害を引き起こします。
原因としては加齢、喫煙、高脂肪食、肥満、高血圧などが挙げられます。最近注目されて
いるのが「青色光」です。




●紫外線よりも怖い「青色光」
紫外線が眼に有害であることは有名ですが、可視光線(まぶしさ)に含まれる(青色光)
は、網膜に多くの酸化ストレスを発生させ、組織に大きなダメージを与えます。

●予防には緑黄色野菜やレバーなどに含まれる「ビタミンA」や魚介類に含まれる「タウ
リン」の摂取が良いといわれています。

●サングラスよりもまぶしくない「キャリアカラー」
有害なまぶしさの原因となる「青色光」だけをカットするので、サングラスほど暗くなら
ず、コントラストもはっきりするので、とても見やすいレンズです。

  

Posted by guild at 12:59Comments(0)眼の病気

2010年07月26日

眼からも日焼けします

紫外線の目に対する悪影響  

眼からも日焼けします


肌を紫外線に曝すことの危険性はご存知のことと思いますが目に対する紫外線の有害性については正しく知られていません。

紫外線が及ぼす眼疾患には以下のようなものがあります。

◆白内障    



世界における失明の主な原因。眼の中のレンズが混濁し視力障害を起こす病気です。主な要因には加齢、喫煙、紫外線、糖尿病、肥満などがあります。



◆翼状片




黒目の中に白目の一部の組織が進入して視力に悪影響を及ぼします。手術で取り除くこともできますがしばしば再発します。農業、漁業など屋外で活動する人に多いことから、その進行には紫外線との関係が考えられます。



◆角膜炎   




いわゆる「眼の日焼け」です。眼の角膜は皮フよりも紫外線に敏感です。
スキー場で眼が真っ赤になってしまう「雪目」やビーチ、アウトドアで頻繁に日光を浴びる人に多い。


どれもこわいですね~face07

また、眼に紫外線を受けると、眼そのものに悪いのはもちろん、ICON58

脳が“紫外線だ~”と反応して、体の他の部分にもシミを作っちゃうそうですから、もう大変。face08

でも大丈夫、チャンと紫外線カットしたサングラスをかければもう安心。face02

(透明のメガネでも紫外線カットのレンズならOK!でもまぶしさは避けられません。)

どうせかけるなら、楽しいおしゃれなサングラスやメガネにしましょうface05

レンズもオリジナルカラーや
高性能の調光レンズ(色がかわります。)や
偏光レンズ(ギラツク反射をおさえます。)
も使って、あなただけのオリジナルスペシャルサングラスをつくってみるのも楽しいかも

是非、お近くのメガネのギルドへ、お気軽に御相談下さい。  

Posted by guild at 22:07Comments(0)眼の病気